主婦のカードローン審査甘いところは?

主婦でも審査に通るカードローンは?

おすすめ

主婦におすすめカードローンランキング!【最新版】

主婦カードローン比較【審査内容やスペックは?】

イメージ
一般用と主婦ローン!スペックの違いは?

みずほ銀行の場合、「みずほ銀行カードローン」の利用限度枠は1000万円、実質年利は4.0%から14.0%ですが、「みずほマイウィングわたし応援ローン」では、利用限度枠は100万円、実質年利は4.0%から14.0%です。

 

みずほ銀行カードローンは、専業主婦でも30万円まで融資が可能な点も見逃せません。

 

新生銀行カードローンレイクとレディースレイクのスペックは同じで、借入限度額は500万円、実質年利は4.5%から18.0%です

 

プロミスとプロミスレディースキャッシングもレイクと同様で、一般用とレディースローンの差はありません。利用限度枠は500万円、実質年利は4.5%から17.8%です。

 

 

実質年利について考える

最大金利では、みずほ銀行は14.0%で最も低く、プロミスが17.8%、レイクが18.0%です。

 

みずほ銀行の14.0%は銀行カードローンの中でも最低水準に近い利率になっています。

 

プロミスレディースキャッシングの17.8%も、アコムやアイフル、モビットが18.0%ですから消費者金融カードローンの中では最低ランクの金利です。

 

レイクの場合は18.0%と3社の中では一番高く、銀行カードローンの相場である14.0%を遙かに超えて消費者金融と同額の数値になっています。

 

 

審査基準はどうか?

同一人物が数社から借り入れを検討した場合、利用限度額が低いカードローンの方が返済負担は少ないので審査は通り易くなるはずです。

 

ですから、3社の中では「みずほマイウィング」が一番通り易いことが推測されます。

専業主婦も審査に通る?【レディースカードローン】

イメージ
消費者金融系は無理!銀行カードローンが狙い目!!

現在のローン審査は総量規制の関係で収入が無い専業主婦の人はプロミスレディースキャッシングのような消費者金融系のものが利用できません。

 

ですから、専業主婦の方は、総量規制の制約を受けない銀行カードしか選択肢がないわけです。

 

そのため銀行やサービスの選択肢が限られること、審査は甘いのかどうかといったことが気になってくるのではないでしょうか。

 

総量規制対策!配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは、収入が無い専業主婦でも配偶者の年収と合算することで、消費者金融から借入れすることができるという総量規制の救済策です。

 

これは、専業主婦である妻の年収が0円でも、配偶者である夫に300万円の年収があったとすると、専業主婦でも100万円までは借入れができるという制度なのです。

 

配偶者貸付を利用する為には、配偶者に安定した収入があり、二人が夫婦であることが条件です。

 

必要な書類は、二人が夫婦である証明する住民票などの書類と配偶者の同意書、収入証明書などが必要なので、配偶者に内緒で手続きすることは不可能です。

 

又、何より残念なことは、配偶者貸付を取り扱っている業者が少ないことです。

 

 

配偶者貸付よりは銀行カードローンがお勧め!

このように、専業主婦が配偶者貸付でカードローンを利用することは法律上可能であっても取扱業者が数社しかないのでは実用的ではありません。

 

ですから、専業主婦の方は銀行のレディースローンを利用した方が良いでしょう。

 

みずほマイウィングなら、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば30万円まで借りることができ、金利も14.0%と手軽です。

 

借入限度額が30万円ならば、審査も厳しくないことが予想されますから、絶対お勧めのレディースローンです。

主婦やOL専用!レディースローンとは?【審査甘い?】

イメージ
レディースローンってナニ?

カードローンと言うと、女性は気後れしてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

「カードローン=消費者金融=怖い」というイメージを持っている人もいると思います。「金融業者からお金を借りる」ということに後ろめたさを感じる人もいますよね。

 

男性ならまだしも、女性が金融機関から借金をするというのも抵抗があるかもしれません。

 

このようにカードローンというと、まだ女性には敷居が高いことは否定できません。だからこそ、カードローン会社は女性にも利用してもらいたいと考え始めました。それがレディースローンの誕生です。

 

一番のサービス内容は、担当するスタッフが全員女性であることです。

 

窓口やテレフォンオペレーター、自動契約機のオペレーターなど、すべての担当者が女性なので、主婦やOLさんでも安心して相談しながらカードローン審査から契約まで進めて行くことができます。

 

レディースローンを採用している金融機関は限られていますが、その効果は絶大です。

 

 

 

レディースローンを採用しているカードローン会社は?

みずほ銀行はからは、「みずほマイウィングわたし応援ローン」新生銀行レイクでは「レディースレイク」、プロミスからは「プロミスレディースキャッシング」という商品名でレディースローンが提供されています。

 

この他にも数社からレディースローンが販売されていますが、ここでは特筆すべきこの3社について取り上げていくことにしましょう。

 

一般用のカードローンとレディースローンの違いは、先ほども申し上げたようにレディースローンは担当者が全員女性ということです。

 

実質年利などの条件は一般用カードローンとレディースローンは同じです。

 

新生銀行レイクやプロミスは借入限度額も一般用とレディースローンは同じですから、担当者が女性という以外は相違点はありません。

 

一方で、みずほ銀行の場合はカードローンを含めたサービスをパッケージとしたコンセプトで「みずほマイウィング」として提供しており、その中で「わたし応援ローン」というレディースローンを用意しています。

 

ですから、女性用のカードローンパッケージプランとしてはオリジナルなので限度額や審査などは別ですが、実質年利は同行の数値と同じです。

 

 

レディースローンのメリットとは?

怖いお兄さんは出てきません(^O^)ここが一番のポイントですね。

 

カードローン初心者は、カードローンについて不明なことや疑問など様々な不安要素があると思います。女性ならではの金銭的な悩みは、怖いお兄さんには相談できませんよね。

 

レディースローンなら、経験豊かな女性スタッフが親切、丁寧に応対してくれますから、安心して相談できると思います。

 

カードローン会社は「お金を貸すことが商売」ですから、個々の事情に応じた融資や返済方法をアドバイスしてくれます。

 

特に「みすほマイウィング」は「マネーコンサルフォン」という独自のサービスで相談にのってくれますし、レディースレイクやプロミスレディースキャッシングのスタッフは丁寧な対応という定評があります。

 

ですから、初心者やOL、専業主婦でも安心して相談することができるのです。

 

 

レディースローンは即日借入れはできる?

近年、カードローンのイメージが良くなってきたおかげで、カードローンキャッシングは日常生活に浸透しつつあります。

 

カードローンが一般化するにつれて審査のスピード化が図られ、即日審査は当たり前、現在では銀行カードローンですら「カードローン審査最短30分」などのスピード審査の時代になってきました。

 

それに伴い、審査当日に借入れができる「即日融資」を謳うカードローンも増えてきています。

 

特に自動契約機を所有しているカードローンでは、銀行の営業時間が終了した後でもローンカードが受け取れるために、そのままATMで借入れが可能です。

 

一般用カードローンが即日融資に対応していれば、レディースローンも同様に即日で借り入れることができます。

 

 

レディースローンの利用条件で気を付けることとは?

会社勤務をしているOLさんは、特に制約されることなくレディースローンの申込みはできます。

 

ところが、主婦の方々は注意しなければいけない場合があります。

 

カードローンの中には「専業主婦でもOK」という業者もあれば「安定した収入がある人」と規定している業者もあります。

 

この規定の主旨は「専業主婦=収入が無い主婦」、「安定した収入がある人=パート主婦、兼業主婦」ということです。

 

パート主婦や兼業主婦は収入があるので、消費者金融カードローン、銀行カードローンを問わずに審査の申込みができますが、専業主婦の場合は消費者金融カードローンはすべて申込み不可、一部の銀行カードローンのみ申し込むことができます。

 

但し、専業主婦OKの場合でも「配偶者に安定した収入があること」という条件が付き、利用限度額も一般用カードローンよりは少額になってしまいます。

 

 

いろいろ条件もあるようですが‥

主婦向けカードローンは、このように女性が利用しやすいように工夫されたカードローンですが、一般用なものよりも利用額が少なかったり申込み資格が異なることもあります。

 

当サイトでは、そんな主婦のカードローンを理解してもらうために色々と分析していきたいと思います。

 

主婦の方が選んでいるカードローンBEST3