レイクの専業主婦の審査はグレーゾーン?

イメージ

法律上は融資OK!

専業主婦がカードローン審査に申し込む場合、総量規制があるためにプロミスやアコムなどの消費者金融系のローンには申し込むことはできません。

 

総量規制とは、年収の1/3を超える融資を禁止した法律で、消費者金融などを規制する貸金業法に定められています。

 

ですから、収入が0円の専業主婦は融資どころか審査の申込みすらできません。

 

一方で、銀行カードローンにはこの規定が無いため、法律上は専業主婦でも審査申込みや融資を受けることは可能です。

 

実際に配偶者に安定した収入があることを条件として審査に通る銀行カードローンもあります。

 

レイクの場合は申込み規約でNG!

銀行カードローンは総量規制の制限を受けないということで専業主婦でも借り入れることができるので、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行カードローンやマイウィングでは「配偶者に安定した収入がある」という条件付きで専業主婦にも融資しています。

 

新生銀行カードローンレイクやレディースレイクの申込み要件には「安定した収入がある人」という記載は有りますが、「配偶者に安定した収入がある」という記載はありません。

 

つまり、申込み規約上は収入が無い人はレイクに申し込むことはできないということなのです。

 

 

専業主婦審査はグレーゾーン

ここまでを整理しますと、レイクや女性用のレディースレイクは法律上は専業主婦でも利用できますが、レイクの規約上は専業主婦は利用できないということになります。

 

しかし、インターネットを見てみると「レイクは専業主婦でもOK」と記載しているサイトがかなり存在しています。

 

それらのサイトの口コミコーナーを見てみると、確かに「専業主婦の私でも○十万円借りる事ができました」という書き込みがあります。

 

このように、専業主婦の方でも借りられた事実があるので融資は受けることは可能なようですが、審査時に専業主婦であることを告知していたか否かが書かれていないので、専業主婦がOKやNGと断言できないのが現状です。

新生銀行カードローンレディースレイクの借り入れ条件