専業主婦カードローン審査

専業主婦が審査に通らない理由とは?

イメージ
カードローンの壁!安定した収入
カードローンは「お金を貸して利息を付けて返してもらう」という商売です。ですから、なるべく多くのお金を貸し出したいというのが本音です。 とは言え、いくら貸したいと思っても、ちゃんと返してもらえなければ大損になってしまうので貸し出す相手を精査する必要があります。 そのために「安定した収入」が必要なのです。 「借り手に安定した収入があること」がベストなのですが、専業主婦のようにお金を生み出さない労働に対しては「収入がある」という評価にはならないので、配偶者の収入に頼ることになります。
銀行法と貸金業法の違いとは?
カードローンには、みずほ銀行カードローンのような銀行カードローンとプロミスのような消費者金融カードローンがあります。 銀行カードローンは銀行法の適用を受け、消費者金融カードローンは貸金業法の適用を受けます。 ここで注意すべき点は、貸金業法には「年収の1/3を超える貸し出しを禁止」という規定があることです。 銀行法には、この規定はありません。 つまり、みずほ銀行カードローンは収入が無い専業主婦でも利用することができますが、プロミスは申込みすらできないということなのです。 しかし、法律で認められていても返済が保証されたわけではありません。 みずほマイウィングわたし応援ローンの場合は、専業主婦でも審査申込みは配偶者に安定した収入があることを前提に、30万円までに限度額を引き下げて申込みを受け付けています。 一方で、銀行カードローンの中でもレディースレイクは「安定した収入がある人」という規定以外に特記事項がないので、専業主婦には申込み資格がありません。

主婦が選んでいるカードローンBEST3