パート主婦カードローン審査

パート主婦はカードローン審査に通る?

イメージ
パート主婦なら安定した収入アリ

パートやアルバイト、内職などで毎月収入があれば、正社員でなくても銀行カードローン、消費者金融カードローンの区別無く主婦の方でも借入れができます。

 

審査に通るか否かは別にして、借り入れ先はよりどりみどり、選択範囲はぐっと広がります。

 

 

総量規制はつきまとう!

収入があるパート主婦なら消費者金融カードローンからでも借入れはできますが、それでも総量規制の範囲内という制約は残ります。

 

例えば、時給800円で10:00から15:00(昼休み1時間差し引いて実働4時間)で1日で3200円のパート主婦がいたとします。

 

月曜日から金曜日まで働いて1週間で16000円、1年間が52週で年収は83万2千円です。

 

その1/3の金額というと27万7千円までが、総量規制で認められている限度額ということです。

 

仮に扶養家族の限界ギリギリの103万円まで稼いだとしたら、342,990円まで借り入れられる計算です。

 

ちなみに、時給800円で1日5時間働くと、先ほどの条件では104万円になってしまいます。

 

 

銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもOK!

銀行カードローンでも、すべてが専業主婦OKというわけではありません。

 

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行では「配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも30万円までOK」という規定になっています。

 

さきほどの計算を参考にすると、時給800円で4時間以上5時間弱働いた年収の1/3が大凡30万円ですから、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行は、その辺を目安に専業主婦でも30万円までOKという金額を提示しているのかもしれません。

 

では、同じ「専業主婦でも30万円」を選択するにはどちらが良いか?

 

主婦の方は、レディースローンを完備しているみずほ銀行がお勧めです。

 

金利もみずほ銀行の方が安いですよ!

主婦が選んでいるカードローンBEST3